見た目年齢

見た目年齢、若く見えるか差が出るのは“肌”

人の見た目の年齢は、顔立ちにもよりますが、肌質によるところのほうがずっと大きいって知っていましたか?
肌がくすんでツヤがなく、シミやシワが浮き出て、たるみ・毛穴が開き・目じりや口角などまで下がってしまっていると、その人はたとえ二十代であっても、丸顔の童顔であっても、立派な「オバサン」に見えてしまうものなのです。

 

見た目年齢に差がつくのは、肌ということを頭に入れておき、いつまでも若々しくなるためのお手入れを心がけていきましょう。

 

具体的には、保湿をたっぷりとして、肌内部から肌を押し上げることが大切です。
肌内部に栄養分や水分、油分がしっかり足りていれば、細胞は活性化し、肌を持ち上げようとしてくれます。
そうなれば古い角質は落ちやすくなるのでシミやくすみに悩まされることもなくなり、ハリがあってたるみとは無縁になり、過剰な油分や乾燥で毛穴が開ききってしまうこともなくなります。

 

大事なのは食事。
新鮮な果物や野菜、ジャンクフードは控え、良質のたんぱく質をしっかりと!
と言っても毎日しっかりと食事を摂るのは意外と大変なんですよね・・・。

 

そういう場合はサプリメントやドリンクなどを利用してみましょう。
おすすめはやはりどこでも手軽に摂れるサプリメントタイプですね。
アンチエイジングに効果的なサプリメントと言えば、一押しはやはりプラセンタです。

 

 

お肌のお手入れには、セラミドやヒアルロン酸など、美容成分を含んだ化粧品を使うのがおすすめです。
プラス、保湿をしっかりとできるか確認しましょう。

 

 

食事からも良質な油分や水分・栄養をしっかり取り入れ、運動で血行もよくしてあげましょう。
肌だけでなく髪や身体などトータルの見た目年齢まで、ぐぐっと若返るはずです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る